マイカーローンはそのままでいいのか

新車の購入は楽しみの1つです。車種やグレード、オプションをディーラーと一緒に決めていき、その条件なら毎月いくらで乗れますと案内され、その金額でよければいよいよ契約書にサインです。これから新車での新しいマイカーライフを想像しながら、納車を楽しみに待つのは、わくわくしつつも待ち遠しいものです。

 

しかし、毎月いくらという見積もり、本当にその金額で決定していいものでしょうか。マイカーローンはディーラーの言いなりでいいのか、ここを見直さないだけで、数十万円損をしている可能性があります。何故そのままで数十万円も損をしているかもしれないのか、これにはディーラーの勧めるローン特有の問題があります。

 

ディーラーローンは誰が貸付けしているのか

ディーラーローンは誰が貸付けをしているのかと聞かれると、ディーラーではないのかと思っている人もいます。実際には、ディーラーは貸付けを行っていません。ディーラーの役割はローンの仲介であり、実際には信販会社が貸付けを行っています。私たちがディーラーローンを利用している時は、信販会社とマイカーローンの契約を結んでいるのです。

 

信販会社のマイカーローンにはいくつかのメリットがあります。信販会社のマイカーローンは審査の面でのメリットが大きいです。結果が出るまでのスピードが早いので、融資までの手続きが早いです。審査自体もそれ程厳しいものではないので、勤続年数1年以上、年収200万円以上で、他社借入れ状況などに問題がなければ、大抵通ります。

 

審査が早くしかも厳しくないというのであれば、ディーラーローンが信販会社のマイカーローンだとしても特に問題は無いように思えます。しかし、信販会社のマイカーローンにもデメリットはあります。特にマイカーローンの中古車利用の場合などにはデメリットも大きくなるため、利用を検討している際には注意が必要です。

 

 

ディーラーローンのデメリットとは

信販会社のマイカーローンは審査の面では優秀ですが、その分金利が高いというデメリットがあります。マイカーローンの取り扱いをしているのは信販会社だけではなく、銀行や農協などでも取扱いしています。信販会社のマイカーローンは、それらの中でも金利が高めに設定されています。信販会社のマイカーローンにはメリットがあればデメリットもあり、それも支払総額の面で言えばデメリットとなります。

 

ディーラーローンの問題は信販会社という点だけではありません。ディーラーローンで支払う金利の中には、ディーラーへの仲介料も含まれています。その為、ディーラーはディーラーローンを積極的に勧めてきます。しかしそれは、ディーラーローンの金利の一部がディーラーの収入源となっているという事情があります。

 

信販会社のマイカーローンであるという点と、金利にディーラーへの報酬が含まれているという2点が、ディーラーローンで損をしている可能性の根拠となります。

 

銀行系のマイカーローンとは

ディーラーの勧めるディーラーローンを利用せずとも、銀行などでもマイカーローンは組めます。そしてこちらでマイカーローンを探すだけで、支払総額に数十万円もの差が出る場合があります。

 

銀行のマイカーローンは信販会社と比べて金利の相場が低い傾向にあります。今は軽自動車でも新車の本体価格が上がっています。取り扱う金額が大きいマイカーローンでは、金利が1%違うだけでも、支払総額に大きな差が出ます。

 

もちろんディーラーローンの手続きの早さや審査の通りやすさに魅力を感じる人もいるでしょう。しかし、ローンの申込み先を変えるだけで、支払総額280万円が250万円に変わるかもしれないと言われると、それを知らずにディーラーローンを選んでもいいのかと考えてしまうのではないでしょうか。

 

最終的な支払総額ももちろん、利用後のマイカーローンの月々の返済額もディーラーと銀行では大きく離れている場合があるため、毎月の返済が多くはできない方はしっかりとローンの利用先を選ぶようにしなければなりません。