ディーラーで借りるなら

ディーラーローンには金利が高いというデメリットがあります。よく考えずに契約書にサインする人が多いのは、ディーラーに斡旋されているからです。言われるままに了承していると、金利の高いディーラーローンにサインをしてしまいますが、メリットとデメリットをよく把握して決めるべきです。

 

もちろんディーラーローンにはメリットもあります。手続きが販売店でできるだけでなく、必要な手続きのほとんどをディーラーが代行してくれます。楽に契約ができるという点ではディーラーローンは優秀です。金利は確かに高いですが、その分審査も通りやすいです。

 

ただし必ずしもディーラーなら借りられるというわけではなく、申し込みの内容によってはマイカーローンの審査に通らない可能性もあることは知っておきましょう。

 

また、ディーラーローンはディーラーが斡旋しているので、金額が引っかかって落ちてしまいそうな場合、ローン借入額を減らすために本体価格を下げてくれるなど、融通が利く可能性があります。

 

ただし、ディーラーローンのデメリットは金利だけではありません。ディーラーローンは信販会社のマイカーローンですが、ローンを完済するまで、車の所有権は自分にはありません。これはディーラーローンの審査の通りやすさにも関係しているのですが、購入する車は担保になります。

 

車が担保になるため審査も通りやすいのですが、所有権が自分にないため、完済までは自由に改造や売却ができません。